Endoo Site

好きなこと、感じたことを、ちょっぴり誰かのために。

【Amazon/アマゾン】バーチャルダッシュの設定・登録方法などをシンプル解説

f:id:eshateblo:20170830004716j:plain

2017年8月24日より、日本でもAmazon(アマゾン)の「バーチャルダッシュ」が使えるようになりました。

 

今までは物理的なボタンである「ダッシュボタン」だけだったんですが、それがAmazonアプリ内にバーチャルなボタンを設置することができるようになりました。(こっちの方が便利っ)

 

ダッシュボタンも使っていたので、バーチャルダッシュと合わせて紹介していきますね。

 

※ダッシュボタン・バーチャルダッシュを利用する場合は「プライム会員」であることが条件になります。

▼今なら無料お試し期間あり!

 

ダッシュボタン・バーチャルダッシュって何?

Amazonではクレジットカードを登録しておくと、商品を1クリックで購入できる機能があります。それをもっと楽にしたのが「ダッシュボタン」です。

 

スマホやPCで1クリック購入するかのように、物理的なボタン(ダッシュボタン)を押すだけで商品の注文が完了します。

 

▼関連記事

www.endoo.site

www.endoo.site

 

バーチャルダッシュはその物理的なボタンをアプリ内に表示させ、1クリック機能を使いやすく注文しやすくしたものです。

 

ボタンが物理的にあるか、アプリ内に設置してあるかの違いです。

 

よく注文する商品・消耗品などを登録しておくと簡単に注文することができます。

 

違いはボタンが「ある」「ない」だけじゃない!

ダッシュボタンとバーチャルダッシュの大きな違いは、物理的なボタンがある・ないという点です。

 

しかし、使う上で気をつけたいのが「取り扱っている商品の数」なんです。

 

ダッシュボタンは1つ1つにラベルが貼ってあり、特定の商品がそれぞれ登録されています。

 

▼Endooが購入したevianのダッシュボタン

f:id:eshateblo:20161208231609j:plain

 

なので、ダッシュボタンの仕組み上、取り扱っているブランドや商品に限度があります。100ブランド・1000点以上と言われているみたいですね。

 

一方、バーチャルダッシュはAmazonアプリ内で商品を登録するだけなので、品数はいっきに増えます。ダッシュボタンでは無かったアノ商品が、バーチャルダッシュでは登録できる!なんてことがあるわけです。

 

バーチャルダッシュの登録方法・使い方

基本的には「Primeマーク」がついているものならOKです。お酒とか薬とかNGなものもあるみたいなので、このへんは調べてみてください。【バーチャルダッシュに追加】の表示が出なければNGっぽいです。

 

▼Primeマークの画像

f:id:eshateblo:20170830001700j:plain

 

まずはバーチャルダッシュに登録する方法です。個別の商品ページにアクセスし、「バーチャルダッシュに追加する」を押します。以上で登録完了。超簡単。

 

▼商品の登録方法は、各商品ページ内にある下記のようなボタンをクリックするだけ。バーチャルダッシュの管理画面は別にあるので、そこで編集はできます。

f:id:eshateblo:20170830002649j:plain

 

注文する時はメニュー画面下部の「バーチャルダッシュ」をクリックし、ボタン一覧から選択するだけです。

 

▼Amazonアプリのメニューボタン(画面左上の三本ラインっぽいやつ)をクリックすると、下記のようなメニューバーが表示されます。

f:id:eshateblo:20170830002956j:plain

 

▼ボタン部分でも絵柄部分でもクリックできます。押せば下記のような確定表示がでます。

f:id:eshateblo:20170830003822j:plain

 

▼分かりにくいですが、これで注文完了。もちろん、誤注文の場合は発送前までにキャンセルも可能です。

f:id:eshateblo:20170830003828j:plain

 

待ってたぞ!バーチャルダッシュよ!

昨年??Amazonよりダッシュボタンのサービスが開始し、お試しで使ってみましたが、使ったのは1回きり…でした(笑)

 

理由は「よく注文する商品ではなかったから」

ただそれだけです。

 

今でこそダッシュボタンで注文できる商品は1000点以上と多く取り扱っていますが、欲しい(よく注文する)商品がけっこうないんです。

 

せっかく便利なアイテムなのに、欲しい商品がないんじゃ使いませんよね。

 

バーチャルダッシュでは取り扱っている商品が段違いに多いです。個人的にはクリスタルガイザーが気軽に頼めることが嬉しすぎて泣いてます!(泣いてませんけど)

 

あとは、お気に入りの柔軟剤とかも登録しておこうかなーなんて思ってます。

 

バーチャルならではの唯一の欠点

バーチャルダッシュの使い方をご覧いただければ分かると思いますが、注文までに4ステップもあるんですよね。これ、けっこう致命的。

 

注文までの4ステップ

  1. Amazonアプリを立ち上げる
  2. メニューを開く
  3. バーチャルダッシュを開く
  4. 登録済みの商品をクリックする

 

登録作業はダッシュボタンとは違い、Wi-Fiの設定とか不要なので楽なんですが。

 

例えば、バーチャルダッシュ専用のアプリを作るとかないんですかね。

 

理想は商品ごとにアプリを分けて、ほんと1クリックで注文できちゃうとか最高なんですけど…。ダッシュボタンの発想を改悪しているように感じます(笑)

 

みなさんも是非活用してみてください。

 

※ダッシュボタン・バーチャルダッシュを利用する場合は「プライム会員」であることが条件になります。

▼今なら無料お試し期間あり!