Endoo Site

好きなこと、感じたことを、ちょっぴり誰かのために。

美容師は何故「今日は休みですかー?」しか言えないのか考えてみた

f:id:eshateblo:20170417001930j:plain

先日、近所の見知らぬ美容室に行ってきました。思った通りにかっこよく切ってもらったわけなんですが、気になるのはスタッフさんに話しかけられた内容です。

 

あるあるネタかもしれませんが、個人的に感じたことを書いていきますね。

 

「今日は休みなんですか?」というフレーズについて

先日、わりと最近オープンしたばかりの美容室に行ってきました。髪もボサボサですし、近所でパパッと切ってもらいたかったっていうのがあって、知らないお店に冒険がてら予約してみました。

 

お店は非常にお洒落で、髪を切ってくれる人とアシスタントの人と髪を洗ってくれる人の3人が僕についてくれました。豪華。

 

でも、3人とも同じ話題で僕に絡んできました。

 

「今日はお仕事お休みなんですかー?」

 

当たり前やん。

 

仕事の合間に来ないやん、普通。なんて思いながら、3人とそれぞれ同じ話をしました。

 

で、「そうなんですー、休みなんですー。」なんて言えば、次は決まってこのフレーズです。

 

「お仕事は平日休みなんですかー?」

 

そうに決まってるやん。

 

わざわざ髪切るのに平日に有給取らないやん。なんて思いつつ、これまた3人とそれぞれ同じ話をしました。

 

美容の専門学校で会話の勉強でもするの?

思ったのが、この店以外でもそうですが、「今日は休みですかー?」フレーズと「平日or土日休みなんですかー?」フレーズは美容師共通の台詞なんですかね。

 

美容関係の学校で散髪の勉強をすることはもちろんですが、お客さんと話す話題のロープレとかするんですかね?

 

そうでなきゃ、こんなに同じこと何度も聞かれないです。というか、答えるのが面倒です(笑)

 

本を読んでいる人はスルーするルール

もしですよ、仮にそんな変なロープレとかするのであれば、本を読んでいる人は無視するルールを加えた方がいいです(笑)

 

僕は静かに髪を切られたいタイプなので、話しかけられないように黙って与えられた雑誌を読んでいますが、「キュウジツデスカー?」「ヘイジツヤスミー?」の呪文がガンガンきます。

 

おい!そっとしておいてくれ!と思いつつ、笑顔で答えちゃいますが。おい。

 

最後は「キョウハコノアトーー」の呪文

「休日」縛りの話題が終わると、最後は決まって「今日はこの後どこか行くんですかー?」と聞かれます。絶対に聞かれます。

 

昔読んだ雑誌には、このセリフの意図みたいなことが書いてありました。

 

要は、シチュエーションによって、髪の仕上がりを変えるために予定を聞いてくるそうなんですが…。どうなんですかね。予定があればガッツリと、なければシットリと、って感じなんでしょうか?分かりません。

 

さいごに

営業の勉強をした時に学んだことがあります。それは相手との距離を縮めるために「無難な話」をすることです。

 

具体的には、天候・衣食住・ニュースなどです。だれもが知っていることで、だれもが答えやすい話題ってことです。

 

そう考えると、「休日」縛りの話題も当てはまりそうですが、いかんせん使いすぎです(笑)

 

髪を切ってもらっただけなのに、ちょっと疲れた一日でした。

 

では。