Endoo Site

好きなこと、感じたことを、ちょっぴり誰かのために。

アラサー男が江ノ島旅行に行ったら、海で5時間も座っていただけだった。

f:id:eshateblo:20170824235052p:plain

どーも、夏をエンジョイしているEndoo(@endoosite)です。みなさんは満喫してますか?

 

僕は先日、友人と江ノ島旅行をしてきました。

 

一泊してきたので、その内容を紹介したいと思います。

 

江ノ島旅行を選んだ理由

これなんですが、正直理由はないです。直前まで千葉の九十九里浜に行こうと思ってたくらい(笑)どこでもよかったんです。

 

友人は「ウマい海鮮料理が食べたい(ギャルと仲良くなりたい)」

僕は「海で夏を感じたい(ギャルと仲良くなりたい)」

 

っていう意見を合わせたところ、「生シラス丼!!」という結論になり(?)、江ノ島になったわけです。

 

ちなみに、江ノ島に行くのは今回が初めてでした。

 

▼イメージ

f:id:eshateblo:20170825202158p:plain

 

旅行のスケジュール

どこかしらに旅行に行くことは決まっていましたが、江ノ島行きは前日ギリギリに決まりました。ホテルも前日の夜中、出発する時に予約したくらい。

 

そんなこんなでスケジュールもいい加減に出発したわけです。

 

前夜に前乗り(茨城→神奈川)

もう若くもないのに、前夜から神奈川へ向かいました。

 

仕事が終わって、夕飯を食べ、0時くらいに友人と合流。ダラダラ話しながら江ノ島へ。

 

朝の高速渋滞を避けるという名目ではありましたが、ほとんどノリです。早めに江ノ島に着いて、コンビニで仮眠しました。

 

▼江ノ島近くのコンビニで車中泊した時のEndoo。すっごい疲れてるのがお分かりでしょうか。

f:id:eshateblo:20170825002130p:plain

 

江ノ島探索とお目当てのビーチ

連日雨空ということで、江ノ島も思ったほど混んでませんでしたね。さっと車も駐車できましたし、人をかき分けるほど混んでもいませんでした。

 

江ノ島をさくっと観光して、そのまま生シラス丼とかご当地飯を食べ、海に行くことに。

 

▼江ノ島について最初の1枚。「あーよくテレビで見る場所だー。」と疲れ顔で発したのが記憶にあります。

f:id:eshateblo:20170825001747j:plain

 

▼「あっちにも何かあるけど、別に見なくていいっしょ?」と言っております。

f:id:eshateblo:20170825002153p:plain

 

▼何の予習もしていないので、いきなりの鳥居に驚きました。なんだコレ。 

f:id:eshateblo:20170825002448j:plain

 

▼よく分かんないけど、とりあえず記念撮影してみるアラサー。

f:id:eshateblo:20170825195706p:plain

 

▼江ノ島の全体図、それとエスカー。エスカレーターの略かと思いますが、エスカーが名称のようです。楽をして島のてっぺんまで行きたいなら、エスカーを使ったほうが良さそう。

f:id:eshateblo:20170825002455j:plain

 

▼エスカーでささっと頂上まで来ました。なんか大きな電波塔?灯台?があって、そこは入場料が必要みたいなので、観光省略。

f:id:eshateblo:20170825203319j:plain

 

▼有名なエビせん。生のエビをプレスしてせんべいにします。めちゃくちゃ薄い生地ですが、風味が強くて美味しかったです。秒で食べ終わりました。

江ノ島に入ってすぐの場所でも販売してますが、鬼混みしてました。頂上にも売ってるので、そっちで買うのがおすすめです。

f:id:eshateblo:20170825001007j:plain

 

▼お約束のビール。あと海軍カレーパンってのを買ってみました。パサパサしていてパンは好みじゃなかったです(笑)イマイチ!!

ちなみに10時半くらいだったんですが、ビール飲んでる人はいませんでした\(^o^)/

f:id:eshateblo:20170825001025j:plain

 

▼ビール片手にフラフラ歩いていると、撮影スポットを発見。何故か笑ってない。

f:id:eshateblo:20170825195702p:plain

 

▼無邪気にカニを探してます。20〜30分くらいココにいました。

f:id:eshateblo:20170825195707p:plain

 

▼ようやく見つけてご満悦のようです。ほんと、待ちくたびれました。

f:id:eshateblo:20170825002408j:plain

 

▼江ノ島はグルっと回れるわけではないので、最後はボート(有料)に乗ってスタート地点まで。歩いてきた道を引き返せば帰れるみたいですが、歩くのは嫌ってことで。

f:id:eshateblo:20170825195703p:plain

 

▼江ノ島の奥のほうが素敵な飲食店がたくさんあったんですが、全部すっ飛ばしてきたので、入口にある無難なお店へ。

f:id:eshateblo:20170829195705p:plain

 

▼友人は生シラスと釜揚げシラスのハーフ丼、僕は瓶ビールとシラスのかき揚げ。シンプルにうまかったです。

f:id:eshateblo:20170825001026j:plain

 

▼「1口ちょーだい」ってことで食べてみましたが、釜揚げシラスの圧勝。生シラス…合わないなー。

f:id:eshateblo:20170825001424j:plain

 

▼食後は歩いてビーチへ。けっこう遠い。 

f:id:eshateblo:20170825201111j:plain

 

▼陣取った場所。周りとの距離感が大事です。見た目より人はわんさかいました。

f:id:eshateblo:20170825201112j:plain

 

▼ここでも1人で酒を飲んでおります。さっきよりは笑顔になってる。

f:id:eshateblo:20170825195704p:plain

 

海では夕方までのんびりして、その後は宿泊先のホテルに移動という流れでした。

 

あ、ちなみに僕は朝からたいして食べてもいないのに飲みまくったせいで、気分悪くなってました\(^o^)/

 

藤沢駅周辺とホテル(串べえ・エソラ)

ホテル代が安く、江ノ島との距離も近いってことと、飲食店などが豊富にあるという理由で宿泊先は藤沢に決定。

 

宿に着くなりコンビニで大量に飯を買い込んで、部屋で食べて、ソッコーで寝ました。(夕方17時あたり)

 

で、ぱっと起きると時間は21時(笑)あっぶねー!寝過ごす所だったとか言いつつ、夜の街へ。

 

▼1軒目は賑やかな焼き鳥屋「串焼き 串揚げ 串べえ 藤沢本店」

ねぎまがめっちゃ美味しかったんですが、まさかの2本目は品切れ…。おい!

お通しも2品から選べるし、メニューにない胡瓜料理とかも作ってくれて、全体的にGOODでした。

f:id:eshateblo:20170825200820p:plain

 

▼2軒目はバルっぽいこちらのお店「ピザ&ワイン ESOLA(エソラ)藤沢」

ワインの飲み放題があり、ピザも安くて美味しかったです。ここでようやく友人もお酒を飲んでました。

f:id:eshateblo:20170825201113j:plain

 

▼お洒落な店内とBGM、そしてアラサー。お通しはクラッカーでした。

f:id:eshateblo:20170825201110p:plain

 

▼けっこうワイン飲んでます。僕だけ飲み放題。いろんな白ワインを飲み比べしてました。

f:id:eshateblo:20170825195710p:plain

 

▼ミックスピザを注文。種類も豊富でオール480円。2人して驚きました。安すぎ。

f:id:eshateblo:20170825195705p:plain

 

お店の情報

1件目

www.hotpepper.jp

 

2軒目

www.hotpepper.jp

 

戸塚でゆったり

2日目は12時チェックアウトなのに、起きたのが12時という奇跡を起こし、速やかに退館(笑)

 

前日の溜まった疲れと時間の関係上、慌ただしく帰宅することにしました。

 

で、土産も買っていないし、昼飯もまだだったので、帰り道の戸塚駅で休息しました。昼食はまさかのスシロー(笑)

 

土産物は戸塚モディという百貨店っぽいデパートで買い、そそくさと帰りました。

 

▼戸塚モディ

www.0101.co.jp

 

江ノ島旅行「気づけば海に5時間も座ってたんだけど」

話は1日目の江ノ島海岸に戻ります。

 

もともとこの旅行を企画したきっかけが「女の子と仲良くなりたい」という下心からだったので、メインの海では水着姿のギャルを追いかけるようにシートを引いて陣取りました。

 

あっちもギャル、こっちもギャル…という最高の状況でした。ほんと、江ノ島サイコーーなんて、そのときは思ってました。

 

でも、現実は3秒で打ち砕かれましたね。

 

ウェーイ系の学生男子やオラオラ亀田興毅系男子がナンパしまくってました。

 

側転して土下座するギャグ?でギャルに声をかける人もいれば、差し入れなんでしょうね、お酒を一方的に買ってきては配って声をかける人もいました。

 

なんていうんですか、彼らの勢いに圧倒されました。あと、ギャルが座っているシートには順番に男性が声をかけ回り、海が完全にナンパ場所になってました。

 

そりゃ30になったビールっ腹の白肌おやじなんて…水平線の向こう側を眺めるしかないじゃないですか!!

 

ビールを飲んで、酎ハイ飲んで、遠くを見つめてましたよ。

 

まとめ

江ノ島旅行のEndoo評価

満喫度 
飲酒度 
ギャル度 

 

突発的な旅行でしたが、男2人で気兼ねなく楽しむことができました。

 

ただ、江ノ島に行ったわりに、そのほとんどが海辺で過ごしたのでもったいない気もします。

 

鎌倉とか江ノ島水族館とかも行けばよかったです。

 

では。