Endoo Site

好きなこと、感じたことを、ちょっぴり誰かのために。

【アクシデント解決術?】血まみれのオッサンがすっ飛んできて、抜けた歯を探し回った帰り道

f:id:eshateblo:20160710015004j:plain

ども!臨機応変に動けないEndoo(@endoosite)です。考えるな!感じろ!…ができません。

 

今回は目の前で起きた衝撃的な事故について話そうと思います。みなさんの身の回りでも起こるかもしれないことなので、良かったら参考にしてくださいね。

 

血まみれのオッサンが飛んできた!

f:id:eshateblo:20160710015131j:plain

 

それは2年前のことです。その日は彼女と居酒屋でさらっと飲んで、ほろ酔い気分でいました。時間は帰宅ラッシュの頃で、山手線のとある駅の乗り換え最中でした。

 

スーツ姿の人がズラ―っと電車から出てきて、僕らも同じように乗り換えの改札口に向かっていました。蟻の大群みたいに一斉にエスカレーターを下り、いつも通り左側に立ち、手すりにつかまっていると、

 

ガチャガチャガチャ、ドサーーン!!

 

僕の足元あたりにサラリーマン風のオッサンが倒れてきました。いや、エスカレーターなので、転げ落ちてきたんでしょう。

 

僕「?????」

一同「?????」

 

ほろ酔い気分の僕も彼女も、そしてエスカレーターに乗っていた人全員がポカーンとしました。ほんの少し時間が止まったと思います(いや、ほんとに)。

 

セカチューばりの1シーン

世界の中心で愛をさけぶ サウンドトラック

 

その場に居合わせた人たち全員が「?」状態でいると、1人の男性が後方から大きな声を出しました。

 

「何してるんすか!!みなさん、助けましょうよ!!」

 

怒りのような感情も入り混じったその声に、僕も彼女も我に返りました。

 

僕「あ、そっか、助けるのか。」

 

僕はなぜ人が転げ落ちてきたのかも分からず、ハテナ状態でとりあえず助けなくちゃいけないことに気づきました。彼女も同様でした。

 

転げ落ちてきたオッサンは動かず、大声を出した男性だけが彼を抱え込もうとしていました。僕らも混乱状態の中、見様見まねで介抱することに。

 

人って冷たい生き物なんだと思う

f:id:eshateblo:20160710015747j:plain

 

大きな音を聞きつけた駅員さんが駆けつけて、駅員さんと男性と僕と彼女の4人だけで運び込んでいました。

 

僕らの前にいた人も、後ろにいた人も、すぅーーっと通り過ぎていきました。動揺してしまった自分たちも自分たちですが、通り過ぎる様が冷たく感じました。

 

エスカレーターは血まみれになり、転げ落ちたオッサンの顔には立て筋の深い傷が。そして、口からめっちゃ血が出ていました。立て筋の傷はエスカレーターの溝かと思います。奇跡的に頭は大丈夫で、受け身は顔でしたんだと思います。

 

「駅構内で歯を探す」俺、何やってんだ。

f:id:eshateblo:20160710015826j:plain

 

折り畳みの椅子やタオル、水などを駅員さんは即座に持ってきて、オッサンを座らせました。このへんからオッサンも意識を取り戻したようで、

 

「俺の…歯が…歯がない!!」

 

なんて言い出したりしてました。てか、この人、けっこう酔ってた(苦笑)

 

正直、見るも無残な顔です。僕の手は震え、それでもしっかり血が止まるようにタオルを当てていました。そして、彼女と一緒に抜けた「歯」を探しました。

 

結果、救急隊員もすぐに来てくれて、大事には至らなかったんですが、その後は僕らはげっそり。無論、酔っていたオッサンからは感謝もされず(別にいいんですが)。

 

この日の損害

僕の新品のダウンジャケットが血まみれになりました。クリーニング代は3000円でした!あはは。

 

ほろ酔いで良い気分が台無し。うふふ。

 

アクシデントに遭遇した時のベストな対応とかもろもろ

あの事故の時は「人って冷たいなー」と思いましたが、どうすればいいか分からないのも確かです。慣れていないですし、COOLな顔を装っていますが、めちゃくちゃ混乱しているはずです。

 

まず、身軽になりましょう。大事なものを脱ぎ捨てるのもそうですが、邪魔になります。誰かを助けたとしても、クリーニング代までは払ってくれません。

 

次に、みんな混乱していると思うので、必要な人数分だけ声をかけたら、残りの通行人は速やかに退避させましょう。例えば「手伝ってください!」とか「反対側から支えてください!」とか。コミュニケーション能力ってこういう時に活かされるんですね。

 

そして、今回は忘れていましたが、接触する部分に傷がないか確認しましょう。どこでなにが感染するか分かりませんからね。

 

まとめ

酔っぱらって落ちたのは自業自得だと思いますし、助けた時もオッサンの対応は感じ悪かったです。でも、そんな事故を放っておけるような人間にはなりたくないですし、

 

もしかしたら、今回みたいに自分がしなければいけない!っていうケースも出てくると思います。

 

まずは焦らない。ドラマの主人公になったつもりでもいいです。「誰かがやってくれるだろう」が通じなくなる時は誰にだって訪れます。

 

では!

 

ちなみに、エスカレーターはガチで手すりにつかまっていた方がいいです。転げ落ちるオッサンの前に人がいなくて良かったと何度も思いました。