Endoo Site

好きなこと、感じたことを、ちょっぴり誰かのために。

【ブログ運営】このブログを作って1年経ったのでアレコレ話してみる

【スポンサーリンク】

f:id:eshateblo:20170314231700j:plain

こんにちは、初心者ブロガーのEndoo(@endoosite)です。先日はてなブログから、Endoo Siteが1年経ちました的なメールが届いたので、アレコレ振り返ってみたいと思います。

 

ブログを始めたばかりの人に参考になればいいですね。

 

 

いろいろあった!はてなブログの1年目について

※記事は何度か消したりしているので、アップされている記事の日時と異なります。Endoo Siteは2016年3月に作成。

どうして個人ブログ?

僕がEndoo Siteを作ったのが約1年前の2016年3月のことです。元々はてなブログをアフィリエイト系のブログで利用していたこともあって、すんなりスタートすることができました。

 

アフィリエイターに憧れて、サイトを作り出していた矢先、なぜ個人ブログを作ったのか。それには理由があります。それは…

 

自由に書きたかったからです。

 

専門的なサイトを作って、専門的な記事を書いて…そんなサイトを作るよりも、もっと自由に自分が思うことを書きたいなって思ったからです(笑)あと、ゴリさんとか瀬戸さんにも憧れがあったことも要因の1つです。

 

自由なブログほど難しいものはない!雑多なブログの洗礼…。

個人ブログって、ほんと自由なんですよね。何を書いてもいいし、どんなジャンルをどうくくろうがOKなんです。でも、それが難しかった(笑)

 

その日あったことを書くにしても、誰かが読みたくなるような仕上がりになりません。日記みたいにしてもオチはないですし、毎日何かがあるわけでもないです。

 

今でもEndoo Siteのカテゴリを見ると、雑多だなーなんて思いますが、当初はもっとゴチャゴチャしてました。

 

これからもっとカテゴリを精査して、見やすいブログ構成にしていきたいと思います。

 

アクセスが伸びない!記事が書けない!悪循環の始まり

ブログなんてしょせんは自己満足の書き物です。でも、やっぱり誰かに読まれると嬉しいですし、広めたくなるのも事実です。

 

ただ、最初はなかなかアクセスがなく、「どーせ誰も見てないんだから、これでいっか。」なんて時もありました。

 

アクセスがないとモチベーションも不安定で、書きたい気分が少なく、ブログを放置することが多かったです。

 

また、仕事が忙しかったり、他のことに時間を取られてしまうとブログは全く書かなかったですね。

 

ふとした記事が伸びることがある

僕のモチベーションを保ってくれたのは、インケースのバッグについて感想を書いた記事です。

 

▼インケースの記事

www.endoo.site

 

この記事が「インケース」のワードで検索結果上位にきました。そのおかげで少なからずのアクセスがあり、自分に小さな自信がついたんだと思います。ほんと、軽く書いた記事なんですが、ヒットしました(笑)

 

ブログ記事にはこんな風に、思いもよらない記事が注目を集めることがあります。これは記事を書くことを続けなければ、分からないことですよね。

 

Endoo Siteのアクセス数や収益など

現在は1日300くらいのアクセスがあり、先月は7917(純アクセス数)ありました。今月は9000くらいまで伸びそうです。

 

今のところアクセス数は右肩上がりですが、今後は努力しないと伸び悩みそうな気がします。

 

利益についてですが、毎月なにかしらの収益があるレベルです。まだ波があるので数字的にはハッキリ言えません。ちなみに、先月は15000円くらいです。(ありがたや)

 

初心者ブロガーEndooが気をつけてきた5つのこと

1.「完璧」にこだわらない

昔はSEO対策やブログカスタマイズなど、いろんなことを気にしていました。有名ブロガーさんの記事はとても参考になりますが、同じようにやる必要な全くありません。また、集客を上げるための方法なんて考えなくてもいいです。

 

たとえば文字数は1000文字以上とか、ユーザーを1番に考えたサイト作りとか、ちょっと検索すれば参考になる記事はたくさんあります。でも、初心者がそんな専門的なことを一気にできるわけがありません。自由でいいんです。好きなように書きましょう。

 

何かの拍子にアクセスが伸び始めた時に、そこで初めて諸々のことを考えればいいことだと僕は思います。

 

2.やりたくない日は何もしない

毎日たくさん記事をあげているブロガーさんもいますし、記事をあげ続けることが重要だと言う人もいます。僕もそれは賛成です。

 

でも、それが義務っぽくなって、いい加減な記事になるくらいなら書かない方がいいと思います。

 

書きたくない日は書かない。書けない日も別日に改めて書かない。書きたい時に書きたいことをゆっくり書けばいいんです。

 

3.情報収集は欠かさない

ブログの内容にもよりますが、自分のメインのカテゴリくらいは毎日ニュースをチェックした方がいいです。僕の場合はガジェット系ですね。

 

それら全てを記事にする必要はなくて、あくまで自分が気になったことをまとめればいいんです。ネット上に自分の記事をあげるわけですから、少なくともネットの流れ(情報)を把握している必要はあると思います。

 

また、他のブロガーさんの運営報告も勉強になります。アクセスに対しての利益や、どんなことに挑戦したとか、周囲に目を向けることも大切です。

 

4.記事は正直に

お金を貰ってブログをやっているわけではありません。正直に書けばいいと思います。僕の記事でも悪く書いたはずの商品を購入した人もいますし、参考なればそれでいいんですよね。

 

記事の中で説明が面倒になれば、それを自虐的に文章に織り交ぜればいいですし、律儀に詳細を書く必要はないです。

 

5.修正は大前提

完璧にこだわらないって話に付随しますが、記事を完璧に書きませんね。何か抜けててもいいですし、間違った内容でもいいです。修正(リライト)する前提で記事を書けば、もっと気楽にやっていけます。

 

記事は生き物なので、情報が古くなったりします。気付いたときに定期的に見返して、気になったところを直していきましょう。

 

一発目の記事投稿で完璧に出来上がることなんてありえません。修正アンド修正は大前提だと思っていた方がいいです。

 

最初はザックリ、そしてお手入れは欠かさずに!

 

最後に

ざっと自分で読み返してみると、なんだか偉そうな感じですね(笑)まだまだブロガーとしては分からないことばかりなので、同じような人でも違う人でも仲良くしてください!

 

これからもスロースピードを意識しつつ、少しでも前に進んでいけたらいいなと思います。

 

▼自分から絡みにいけないビビりですが、よかったらツイッターで!

twitter.com